混民族芸術論―バスタード・オン・ザ・ボーダー

書籍:混民族芸術論―バスタード・オン・ザ・ボーダー 著者 伊達 政保
「渋さ知らズを最初に活字にした」伊達さんの本。
世紀末を揺るがすはぐれ者たちのブルース。単一民族幻想にまどろむ日本を、根祗から揺るがすこのリズム。混民族の自由を求めて響きわたる歌。異質な存在がともに生きる新たな社会のヴィジョンをポップ・カルチュアから透視する、画期的な芸術論集。 「BOOK」データベースより
単一民族幻想にまどろむ日本を、根底から揺るがすこのリズム。混民族の自由を求めて響きわたる歌。異質な存在がともに生きる新たな社会のヴィジョンをポップ・カルチュアから透視する、画期的な芸術論集。〈ソフトカバー〉 「MARC」データベースより

»Amazon 混民族芸術論―バスタード・オン・ザ・ボーダー

 

コメント投稿は締め切りました。