渋さ史1994

渋さ史1994



(文中すべて敬称略)丸山秋穂


<1994>
3.8と3.14 BUDDYでレコーディングライブ(『Something Different』)
3月 「マルコポーロ」誌に紹介記事が出る。
(廃刊になったのはたしか翌年で、渋さ絡みではないはずです)
4.1 この年から「4月馬鹿」は新宿ピットインで。「コント物産」延々と長尺コントを上演。
この日の映像はNHKハイビジョンで放映されたはずだが誰も見ていない。
4.9 関西ツアー 同志社大学田辺校舎でステージ爆発炎上(いわゆるやり逃げライブ)。
コンサートのチラシの見出しは「田辺爆砕!渋さ貫徹!」だった。美術担当「風煉ダンス」。
4.10 心斎橋・クアトロ(火気無断使用で以後出入り禁止となる)。
5月  代チョコで渋さ関連深夜ライブシリーズ『地底の宴』を開始(毎週金曜に95年10月まで続く)。
5.29 相模原メイプルホールで中規模渋さ。(テント編成のテスト版)
6.1 BUDDYで『Something Different』発売記念ライブ。
トリプルリードギター(加藤崇之、茂木功、内橋和久)でハイウェイスターをやる。
7月、産経新聞に”アングラの楽しみ アムスで「渋さ知らズ」をの夢想”との記事、筆者は上野俊哉。
第一回 「テント渋さ」 7.30~31 山口・県立美術館前。 8.5~6 京都・京大西部講堂前。
8.21 上野水上音楽堂での地底レコード主催イベント『地上の宴』を企画するが集中豪雨で中止。
10.28~30 「コンチックショー」公演(タイトル失念)。音楽・不破(生演奏は無し)。
この芝居の音響担当の丸山涼子(元「スーパースランプ」、元「聖飢魔?」)がそのうち渋さ入りする。
10.30 福岡・警固公園でライブ(風煉ダンス『スカラベ』のゲスト)。
11 「BURUTUS」誌に紹介記事が出る。題して「渋さ知らズ、スイングする無謀。」筆者は中田潤、
イラスト蛭子能収。
11.6 大阪芸大大学祭。雨天のため野外演奏を拒否、空いた講堂を占拠しそのまま演奏してしまう暴挙。
(最近はこのようなことは一切ありません) またまたやり逃げライブ。申し訳ない。
11.8 六本木・ジャングルベース。
11.20 渋さチビズで法政大学大学祭。●発物あり。
11.26 「東京ニュージャズフェスティバル」@吉祥寺バウスシアター。
「○勢佐木町ブルース」などを演奏。共演、”DE-GA-SHOW” W.R.U.

コメント投稿は締め切りました。